現在販売されているスティックPCと、過去に販売されていたスティックPCを見やすい一覧表で比較します。

スティックPCの比較表

非表示にした列を再表示

非表示ボタン→
メーカー
名前
画像
クリックすると
拡大できます
OS

CPU名
スペック
ベンチマーク
メモリー
ストレージ


USB
カードリーダー
通信

サイズ(mm)
重さ
動画再生
冷却方式
参考価格
コメント
購入
名前


インテル インテル ASUS ASUS レノボ
Compute Stick
STK2M3W64CC
Compute Stick
STK1AW32SC
VivoStick PC
TS10
VivoStick PC
TS10
ideacentre
Stick 300
10 Home 10 Home 10 Pro 10 Home 8.1 Update
Core m3-6Y30
0.90GHz/2コア
3056
Atom x5-Z8300
1.44GHz/4コア
1185
Atom x5-Z8350
1.44GHz/4コア
1261
Atom x5-Z8350
1.44GHz/4コア
1261
Atom Z3735F
1.33GHz/4コア
905
4GB 2GB 4GB
2GB
2GB
64GB 32GB 64GB 32GB 32GB
USB3.0x1(本体部分)
USB3.0x2(AC部分)
USB3.0x1
USB2.0x1
USB3.0x1
USB2.0x1
USB3.0x1
USB2.0x1
USB2.0x1
micro SD micro SD micro SD
BT / WiFi(11ac) BT / WiFi(11ac) BT / WiFi(11ac) BT / WiFi(11ac) BT / WiFi
114 x 38 x 12 113 x 38 x 12 135 x 36 x 16.5 135 x 36 x 16.5 125 x 37.6 x 14.5
75g 75g
4K対応 フルHD フルHD フルHD フルHD
ファン ファン ファン ファン ファン
65174円 17580円 26018円 -円 17800円
ノートPC並の
ハイスペックモデル
Compute Stick
STK2M3W64CC
Compute Stick
STK1AW32SC
VivoStick PC
TS10
VivoStick PC
TS10
ideacentre
Stick 300

※通信の項目の「BT」はBluetoothです
いずれも映像・音声出力はHDMIです。

おすすめのスティックPC

2015年頃に注目を集めていたスティックPCですが、残念ながら2020年現在は多くのモデルが販売終了に、新型モデルの発売も滞っているところです。

今、購入できる中でおすすめのスティックPCを紹介します。

Intel ComputeStick Core m

Intel製のスティックPCです。
Core m3モデルはミドルスペックのノートPC並のスペックを持っており、パソコンとして使える一台です。

 スティックPCとして見ると価格は高いですが、デスクトップやノートPCと比べると安いのでコスパは良いでしょう。

ASUS VivoStick ST10

メモリー4GB、ストレージ64GBモデルがおすすめです。

以前同等スペックのスティックPCをレビューしたことがありますが、メイン機として日常的に使うには不足感があるものの、PCとして動作するレベルの動作感でちゃんと使える1台でした。

サブのPCとして使ったり、あるいは子供の練習用PCといった用途におすすめです。価格も2万台とお手頃です。

メモリー2GBのモデルもありますが、ちゃんと使えるものを選ぶなら4GBを強くおすすめします。スティックPCのメモリー2GBと4GBは動作感に大きな差があります。

ミニPCは最新機種が続々登場中

スティックPCと比べると大きいですが、一般的なPCと比較して大幅に小さい「ミニPC」(超小型PC)というものがあります。こちらは現在も発売中のモデルも多く、選択肢が多く存在します。

スティックPCよりワンランク高性能なものから、3Dゲームのプレイにも耐えうるハイスペックなマシンもあります。詳細は以下の記事で。

関連記事:ミニPCの比較表