マウスコンピューターが2021年1月に販売を開始した「Mouse CT6」は、ミニPCとしておすすめできるマシンです。以下、詳しく解説します。

Mouse CT6のスペック

主なスペック

CPURyzen 5 4500U
Passmarkスコア11264
メモリー8GB
ストレージ256GB/SSD
参考価格76780円
98780円(office付き)

メモリーは32GBまで、ストレージは1TBまで注文時に増量が可能です。

一般的なデスクトップPCと比較しても、高性能と言える内容です。ネットサーフィンや動画鑑賞といった一般家庭での用途はサクサクこなせますし、ヘビーなものでなければ3DのPCゲームも低めの画像設定でプレイできるレベルです。

インテルのCore iではなく、AMDのRyzenを搭載しているため、性能に比して価格が安く、コスパに優れるミニPCです。

一般家庭での通常の使用(ネットや動画鑑賞、メール、Word・EXCELの編集等)では、標準構成のままでも快適に使える内容です。

関連記事:ミニPCの比較表

サイズ感

15cm×19cm、厚さ約3cmとDVDケースを2枚重ねたほどの大きさです。デスクの上に置いてもよし、VESAマウントにも対応しているのでモニターの背面に取り付ければスッキリと使えます。重さもわずか591gと軽量。

こちらは以前実機レビューした、同じくマウスコンピューターのLUV MACHINES miniです(サイズはほぼ同じ)

DVDケースと比べてもこのとおり。

Wi-Fi6にも対応

第5世代の規格(11ac)よりも更に高速の通信が可能な第6世代のWiFi規格(11ax)にも対応しています。長く使い続けても、古くなりにくいPCと言えます。